【コラム】副業で動画編集の仕事を獲得する方法

コラム

最近では、副業を始める方が増えています。
そのなかでも人気の副業の1つが、動画編集です。YouTubeなど動画配信サービズの普及により、動画編集の需要も増えています。すでに、副業として動画編集をしている人も多いですが、人材の数は不足しており稼げるチャンスがある副業といえます。

副業として動画編集が人気の理由

最近では、YouTubeなど様々な動画配信サービスがあります。毎日YouTubeを見ている人も多いと思います。多くの動画配信サービスの普及によって、動画編集の仕事自体が増えています。はじめやすく、需要が多いところが人気の理由です。

必要なものはパソコンとPremiere Pro

動画編集に必要な機材は、スペックがある程度高いパソコンです。Premiere Proを入れたパソコンさえあれば、自宅でも行うことができます。編集自体はオフラインでも可能なので、インターネット環境がなくても行うことができます。

副業として始めやすい

動画編集は難しそうなイメージがありますが、基本を覚えてしまえば簡単です。
なので、副業の中ではわりと始めやすいです。
動画編集の基本である、カットや映像をつなげる操作自体はさほど難しくありません。重要なのは、どのシーンをつなげ、どのシーンがいらないかを考え構成を組み立てることです。

動画編集はどれくらい稼げるの?

動画の長さや依頼内容によって変わって来ます。
動画編集初心者でもできる内容もありますが、単価はそれほど高くはありません。
実績を積んでいくことで、単価の高い仕事もできるようになります。

YouTubeの動画編集

動画編集の単価は、1本3,000円~5,000円が相場です。
尺によって多少単価も変わります。単価はそこまで高くはありませんが、動画編集の副業がはじめての方でもできる簡単な作業が多いです。

結婚式などのイベントで流すムービーの編集

イベントで流す動画編集では、1本1万円ほどが相場です。
単価は高いですが、YouTubeより高いクオリティが求められることが多いです。
結婚式など一生に一度しかない思い出に関わる仕事なので、発注者が満足するクオリティが求められます。編集スキルが必要とされるので、中級者向けと言えます。

商品やサービスの広告動画編集

1本あたりの単価は2万〜50万円が相場と高額です。
企業が関係してくる動画は、1件あたりの高額でかなり高い編集技術が求められます。
上級者向けの案件となります。

動画編集の内容や尺によって単価も必要な編集スキルも報酬も違ってきます。
比較的簡単なYouTube 動画編集などから初め、スキルを上げていくのが良いです。

求められるスキル

実際にどのような編集スキルが求められるのでしょうか。

カット編集
素材をカットしたり動画の順番を並び替えつなぎ合わせます
編集の基本となる部分です。

エフェクト・テロップ入れ
カット編集した動画にエフェクトをつけたり、テロップを入れます。
この作業で作品の質が大きく分かれるので、スキルが求められます。
特にテロップ入れ、動画の見栄えにも関わってくるのでとても重要です。

サムネイル作成
案件によりますが、サムネイル作成も依頼内容に含まれることがあります。
「サムネイル」とは、一覧表示する際に用いられる、縮小された画像のことです。
インターネットサイトやYouTubeの動画などでよく見ます。
特にYouTubeでは、動画を見てもらえるかどうかに関わる重要な部分です。

書き出し・納品
完成した動画を動画データに書き出します。書き出したら、発注者に納品します。
納品する時は、容量の大きいデータも送る事ができるギガファイル便などを利用すると便利です。

 

動画編集を学ぶ方法

動画編集を学ぶ主な方法としては、「独学」か「スクール」があります。

独学のメリット・デメリット

・なるべくお金をかけずに始められる
・自分のペースで覚えられる
・分からないところをすぐに解決しづらい
・覚えるのに時間がかかる

 

スクールのメリット・デメリット

・基礎をしっかり学べる
・Adobeのソフトを無料で使用できる
・仕事を紹介してもらえる可能性がある
・独学よりお金がかかる


動画編集の基礎をしっかり覚えたいという方には、オンラインスクールがおすすめです。
スクールといっても教えてくれる内容や料金がそれぞれ違います。
自分に良いと思ったスクールを選ぶと良いでしょう。

●「クリエイターズジャパン」

クリエイターズジャパンは、フリーランスの動画編集者になりたい方に最適な動画編集スクールです。受講期間は1か月からで、料金は業界最安値クラスの79,800円です。
最短1か月間でPremiere Proをマスターできるカリキュラムで、文字テロップやエフェクトなどのテンプレートも提供してもらえます。



●「アドバンスクールオンライン」

アドバンスクールオンラインは、Adobe社に認定されたプラチナスクールパートナーで、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)を通常より低価格で使うことができます。
さらに、アドバンスクールオンラインでは11の講座が用意されています。
PremiereProだけでなく、After EffectsやPhotoshopはなども学べるため、様々な分野のソフトの使い方を学べます。

仕事を獲得する方法

動画編集の仕事を得るには、「クラウドソーシング」が始めやすいです。
「クラウドソーシング」とは、個人や企業がインターネット上で不特定多数の人に仕事を依頼・発注する業務委託の形態です。
有名なのが、「ランサーズ」「クラウドワークス」です。

Lancers(ランサーズ)
国内初のクラウドソーシングサービスで、市場でも最大手です。
依頼件数からみても登録者数からみても、国内最大級のサイトです。

CrowdWorks(クラウドワークス)
ランサーズに並ぶ大手サイトです。会員数が多く、急成長中のサービスです。


クラウドソーシングで案件を探すことは定番とされています。
仕事は全体的に単価が安い傾向にあり、さらに競争が激しく、実績の少ない初心者は案件を獲得すること自体が難しいです。
はじめは、単価にこだわらずできるだけたくさんの案件に応募し、実績を作る必要があります。評価を得られれば、高単価の仕事も得られるようになるはずです。

シロクマ
シロクマ
はじめから高単価の依頼は難しいので、単価の低い依頼を受けて実績を上げる必要があります。

コラム
しろくまをフォローする
しろくま動画編集

コメント